FC2ブログ

Entries

◆煮込みの旨味◆

煮込みの旨味

◆煮込みの旨味◆

 店内はどこか田舎の土間にでも迷い込んだような心地良さ、老舗の味はもちろん
その心地良さが人伝(ひとづて)に旅先の小沢氏をそこに呼んだのでしょう。
真夏の昼下がり、立ち寄ったある蕎麦(そば)屋さで兄、厨房さんがラジオ番組
「小沢昭一の小沢昭一的こころ」のご本人に出合った時のお話なのです。

 他にお客様も無く、姿を見せた初老の主人が氏に殊更気づかうでもなく蕎麦を置き、
次にうわずった兄の注文にも軽く頷くとまた奥に消えたのでした。

 どことなくちょっととぼけたあの表情、そんな氏に声を掛けるその機を逃した兄なのです。
他方、向かい合う離れ席で中腰のまま固まってしまった五分刈り男、その人となりを
人を観(み)るに長(た)けた熟年の俳優が見抜けぬ筈もないのです。

 やがて腰の引けた兄の心に響いてきたのが絶妙な蕎麦啜(すす)り、“ソバ芸”なのでした。
まず「ズズーッ」とおもむろにうながすように、そして強く「ズッ、ズッ」と諫(いさ)める如く
諭(さと)すが如く。次にまた誘うように「ズーッ」いなすように「ズーッ」
番組でいつもネタになる小心な日本のお父さんとして填役(はまりやく)、ハナレ席に
跳びひぞって事を覗(うかが)う、そんな兄に捧げられたソバ芸なのでした。
厭味無く、あの方らしい茶めっ気たっぷり・・・。

 この時以来兄は「小沢氏と当店のホルモン煮込がイメージとして重なる、どちらもすこぶる
旨いは旨いが上品さが売りではないな」と言うのです。なんと、まあ・・・。

 未だ氏が来店されたり、当店のホルモン煮込を召し上がったという事実は残念ながら無いのですが、「上ネタのホルモン煮込? ふん、僕ね、どっちかと言うと反対のネタが・・・」小沢氏ならそう
仰りかねないのです。

 兄の言う“ソバ芸”(?)なるものが本当に存在したのか。お蕎麦屋さんでお会いしたのは本当なのです。でも兄のこと、真夏、小沢昭一という強烈な個性の毒牙にかかってただ熱にうなされただけなのかも。

                       了

  
 2012年12月、俳優小沢昭一さんが他界なさいました。ファンの一人として心よりご冥福お祈り申し上げます

  この春、兄がご恩になった方をお連れして十数年ぶりにこのお蕎麦屋さんを訪れたところ、近所の人の話では「数年前ご主人が亡くなられて閉店されましたよ」とのことだったそうです。