FC2ブログ

Entries

◆ビーナスの商人◆ 牛ロース

   敢えて上質の<ヒレ肉>を、えも言われぬ穏やかなモナ・リザに、
 <カルピ>を清廉かつ妖艶なルクレチア・ボルジアに例えんとすれば、
 差詰<ロース>はミロのビーナスと呼ぶに相応(ふさわ)しい代物なのです。            


                         rukurechiashuu.jpg
                      ルクレチア・ボルジア (フランクフルト美術館蔵) 模写
            

  「失った」「いや初めから存在しない」と諸説在るビーナスの腕(かいな)。
 しかし両腕を欠いたビーナスの美がそれ自体完璧なのは皆様異論の無きところ。
 “リブロース”から“サーロイン”に到る他を圧倒する存在感がビーナスの美を
 彷彿 とさせるのです。
 
 儀式めいた物腰で運び入れ横たえた彼女に、自ら注ぐ畏敬と信頼の眼差し。
 「如何です」とばかりに顧客に眼を移す間の取り方。
 出入りのお肉屋さん、名うての商人なのです。
 
  気乗りせぬ風を装っていた厨房さん、もうすでに感嘆の呻き声が漏れる
 のを堪(こら)えている様なのです。色合い、肌理(きめ)の細かさ・・・。
 指先にシットリからみ程なく溶けゆく脂質。
  ついうっかり「良いね」と一言。
 「良いでしょう」と商人、にんまり一言。
 “しまった”とばかり我に返って「抜けてるかな」と値引きを促す探りをいれても、
 「抜けてます、徹頭徹尾抜けてます」と、そうはいかぬと確たる姿勢。
 それではと「足はとても短いね」と厨房さん,一転懐柔策で攻めてみる。
 「短いですよ。誰しも納得の短さです」と類い稀なるビーナス故に商人強気で未だ譲らず。
 
  なんだか暗に私を揶揄(やゆ)したような、まず「抜けてる」とは“リブロース”の芸術的と
 思える程の霜降りが、連なる最後尾の“サーロイン”までしっかり浸透しているという事。
 また「短い足」とは、廃(すた)りになる余分な脂身もなく歩度まりが良い、つまりはお買い得を
意味するのです。
 
    貴方はモナ・リザ派 それともルクレチア
                       やはり豊穣(ほうじょう)のビーナスですか。